About

About us

モノよりもコトの時代と呼ばれる現代。
形のあるモノと形のないコトの両面をデザインし、ユニークなアイディアで新たな価値と魅力を探求し社会に提供していきます。

モノづくりを通して世の中をより良い方向に変えていく会社、それがモノトデザインです。

monoto designが考える「デザイン」
私たちは、形があるモノ、形のないコトに関わらず、理想や目的を果たすために築いた物事すべてをデザインすべき領域と捉えています。

VISION / 何を目指しているのか

monoto designは、「就労継続支援B型事業※1で自社製品を製造し、主に自社製品の販売利益で会社を運営する」エコシステム※2の構築を目指し、以下の商品開発に取り組んでいます。

 1. 組み立て/検品/梱包などの量産工程が、就労継続支援B型に対応できるものであること。
 2. 就労の喜びや自信につながる魅力ある商品であること。


就労継続支援B型に対応できるものであることは大前提になりますが、メンバーが就労の喜びや自信に繋がり、継続的であることが最も重要であると考えています。モノづくりの開発・販売・サポートのプロセスを通し、社会貢献の実感を得ながら、生活の向上ができる「場の創出」を目指します。

 ※1 障がいや難病のある方のうち年齢や体力などの理由から、企業等で雇用契約を結んで働くことが困難な方が、軽作業などの就労訓練を行うことができる福祉サービス。
 ※2 エコシステムとはビジネス生態系。本来は生態系を指すエコシステムを比喩的に用い、経済的な依存関係や協調関係、
  新規な産業体系を構成しつつある発展途上の分野での企業間の連携関係全体を表す。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』中略)

STEP / VISION達成の道筋

1st STEP:自社で商品を開発し、外部の就労継続支援事業者へ外注する

パートナー企業である就労継続支援B型事業者様と協業し、就労の喜びや自信が向上するような場を創出する。この期間に、パートナー企業の協力の基、自社に就労継続支援B型事業を導入のための準備をする。

2nd STEP:自社に、就労継続支援B型事業を起こし一気通貫で運営する

自社で、就労継続支援B型事業を行い、一人ひとりの個性を活かした仕事の場を創出し、生活基盤向上のために様々なパートナー企業とエコシステム構築と商品開発に注力する。

CORPORATE IDENTITY / 創業への思い

私たちは、より柔軟に就労支援の仕組みを構築していくために、NPO法人や一般社団法人ではなく、合同会社とする選択をしました。そして、モノづくり、コトづくりを通して、一人ひとりが輝ける場をつくり、継続的な就労に繋がるエコシステムの構築を目指していきます。

 会社名     monoto design合同会社 (モノトデザイン ゴウドウガシャ)
 所在地     〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7階
 資本金     2,000,000円
 設立       2020年7月21日
 
 代表執行役員 / 創業者 
       青木 理砂
       須藤 真奈美
 
 事業内容
       (1)各種商品の企画、開発、製造、販売及び輸出入
       (2)人材育成、能力開発のための教育事業
       (3)コンピュータのソフトウェア及びハードウェアの企画、研究、開発、設計、製造、販売、保守、リース、賃貸及び輸出入並びにこれらに関するコンサルティング業務
       (4)情報の収集、分析、管理及び処理サービス業、情報提供サービス業並びに情報処理に関する研究及び開発
       (5)障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サービス事業
       (6)前各号に附帯関連する一切の事業